第53回公開セミナー兼月例会3月17日(木)18:00開催!


3月度の公開セミナー兼月例会を開催します。
第 53 回公開セミナー兼月例会のテーマは、ソフトウェア開発の工数削減に効果(開発で1/3・メンテナンスで1/5に短縮される)がある支援ツール「Sapiens(サピエンス)」についてのご紹介と、組合事業として展開を開始する中古PC(リファビッシュPC)ビジネスのご紹介です。

ソフトウェア開発―古くからその開発工数を削減し、工期を短縮する(結果としてコストも削減する)試みはさまざまな形でなされてきました。現在もソフトウェア開発で、開発期間を短縮すること、コストを削減することは永遠のテーマと言ってもよいでしょう。今回はRAD&M(ラピッドアプリケーション開発&メンテナンス)ツールのひとつ「Sapiens(サピエンス)」をご紹介します。

次に、あなたの会社でPCが必要になるケースに、一時的だったり、多くの数を用意しなければならないといった時はありませんか?そんな中小企業に量販店で販売されている中古PCにちょっとした保証付などのプラスα(中古リファビッシュPC)でご提供します。モデルの種類や数はそのときの在庫に依存してしまいますが、コストで数分の一になる、十分使用に耐えるPCを是非利用してみてください!

前回の2月度の公開セミナー兼月例会はたいへん盛況でした。テーマは「若手エンジニアの離職実態の現場報告」と「通信コストの削減とビジネスフォン機能のクラウド化による最新のオフィスコミュニケーション【クラウド型IP-PBXのご紹介】」でした。

開発に携わる若手エンジニアの問題に悩む経営者は是非ご相談ください。また、オフィスの電話や移転の際の電話等通信の問題で、コスト削減、リモートアクセスによる通話をご希望の組合員やお客様がいらっしゃいましたらお問い合わせください。いずれも組合事務局でお受けしています。自社での採用だけでなく、お客様にもご紹介ください。

さて、第53回公開セミナーの3月度月例会のテーマは、ソフトウェア開発会社を対象にした開発工数とコストを大幅に削減するRAD&Mツールと中古PC(リファビッシュPC)の事業開始ご案内の2テーマです。3月17日(火)18:00から開催します。お誘い合わせの上、お気軽にご参加ください。

以上、組合員の皆様にもたいへん興味深い、最新のテーマだと思います。是非、本セミナーにご参加いただき、自社の今後の事業の参考にしていただければ幸いです。

また、参加者に好評の出席メンバー全員による「1分間プレゼンテーション」も恒例になりつつあります。資料の配布も可能です。

組合員の如何を問わずお誘い合わせの上、ご参加ください!
本月例会への組合員皆様のご参加、ご友人のご勧誘をよろしくお願いします。